敏感肌の原因と対策について

 

ちょっとした刺激でも、皮膚のかゆみや赤み、湿疹が発生してしまう敏感肌。

 

ドラッグストア等には敏感肌の人に向けた、低刺激の化粧水や乳液も販売されています。そもそも敏感肌とは、肌のバリア機能が弱まることでトラブルが起こってしまう状態を言います。では、そのバリア機能は何が原因で弱くなってしまうのでしょうか。

 

まず考えられるのは、身体の抵抗力の低下です。夜更かしをするなど不規則な生活が続いていたり、ジャンクフードや脂っこいものを好んで食べていると、体内を流れる血液の循環に悪い影響が出てしまいます。

 

その結果、血液とともに排出されるべき老廃物等が留まり、肌のターンオーバーが上手くいかなくなることで敏感肌になってしまうのです。敏感肌で悩んでいるなら、まずはしっかり睡眠をとり、バランスのよい食事を心がけるようにしましょう。

 

他にも、自分に合っていない化粧水を使い続けたり、誤ったスキンケアを行った結果、敏感肌になってしまうことがあります。「この化粧水を使っていると肌がヒリヒリするけれど、高かったしもったいないから使い続けよう」という方は、すぐに使用をやめるべきです。人の皮膚はとても薄く、刺激の強いものを肌に塗り続けると、簡単に肌荒れを起こしてしまいます。また、毛穴が気になるからといって過度なピーリングを行ったり、メイクを落とす際にゴシゴシこするのも肌には悪影響です。化粧水は低刺激のものを使用し、クレンジングをするときは指でくるくると円を描くように、やさしく行いましょう。それだけでもメイクはしっかり落とせます。

 

ふだんの生活で少し気をつけるだけで、敏感肌は簡単に対策できます。敏感肌に悩んでいる方は、まずは自分にできることから始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

>>ビタブリッドCフェイスのお試しが楽天・Amazonより安い?TOPへ戻る